春の日本旅行日記2023年5日目東京から京都へ


日本に行くと、いつもあそこも行きたい、あの人にも会いたいあれもしたいこれもしたいと思ってしまってスケジュールを詰め込んでしまうので、今回は行く前から詰め込まない旅をすると決めた。
という事でこの日も会う事にしていた友人のところに行かないで朝ゆっくりしてリンゴちゃんたちと散歩しながらエリックがお昼に作ってくれる食材のお買い物に行った。


ランチは恭子達のためにエリックは春の旬のホタルイカを使ったお料理。きれいで上品すぎると言われていたけど美味し食べてもらえた。

東京駅から京都まで行く代わりに、新横浜から新幹線に乗るという恭子のアドバイスを通りして正解だった。
乗り換えもスムーズに行ったし、混んでなかったし新横浜でのぞみ新幹線を見ていつものようにエリックは興奮気味だった。


新幹線のビデオをエリックは撮っていて駅員さんに大声で、もっと離れるよう注意されちゃったよ。


新幹線はスムーズで快適だった。
乗りながら思い出していたのは新幹線に乗って東京に行くのが、高校生の頃の私の楽しみの一つだった事。当時は新横浜から京都まで新幹線が3時間くらいだったと記憶していますが、今はもっと速くなって2時間弱。


ということで、ちひろちゃんの桜アンパンをおやつに食べながら飛行機で編み始めた春のセーターを編んでいたらあっという間に京都に到着した。

私は京都のホテルに泊まることにし、予約する時どこがいいか迷ったというより京都は観光客にとても人気の場所なのでどこも予約いっぱいだった。
幸運にもネットで調べたら、京都駅にとても近い、ホテルグランヴィア京都を見つけたのでどんなホテルか読んでみたら。京都駅ビルに直結していて、もし雨が降ってもこれなら荷物を持って外に出る必要もないから即決定。



京都駅に到着して、人混みが東京駅ほどではないけど多くてホテルグランヴィア京都の入り口までの道を1度だけ聞くと
新幹線を降りて右に曲がるとすぐあるよと教えてもらってそっち方面に行くとホテルの入り口があった。
エントランスの少し暗い階段を上がり抜けるとパッーと光が入ってくるようなガラス張りの橋を歩いているのに気がついた。

えー何これ?
って言いながらよく見ると京都駅の真上に自分たちがいる事に気がついた。 

右側がJRの線路側、左側が京都駅の八条出入り口。

なんとも不思議な眺めでいろんな人たちが歩いてたり、急いでいるのが一目に見えた。
こんな風に上から駅を眺めた事はなかったので、エリックは興奮してビデオを撮り始めていた。

このガラス張りの橋を渡ると素敵なお店が並んでいてその後、ロビーへのエレベーターがあった。これを書いている今も、またホテルグランヴィア京都に行ってあの周辺で時間を過ごしてみたいなという気持ちがある。
通常、庭園があるホテルや旅館が好きだけど、伝統的な旅館ではなく、庭園もないモダンな雰囲気なホテルだったけどでなぜか惹かれた。
私たちの部屋は新幹線側の駅が見える部屋で、窓を開けると駅の音が全部聞こえ、閉めるとほとんど何も聞こえなかった。この窓ガラスはすごいなって感心。南側の山の美しい景色が印象に残った。

 

私がお部屋で休息している間、エリックは探査に出かけてホテルの隣に美味しい湯葉と自家製豆腐の京やさい料理のレストラン、『接方来』を発見。


夕食をそこで食べようと誘いに来た。

私たちはその湯葉と豆腐の美味しいレストランでお腹いっぱい食べた。
少し散歩して、お土産屋さんやパン屋さんを覗いて、部屋に戻った。
夜はとっても素敵なモダンな日本のお風呂をエリックはビデオを撮って、サンタモニカから持って来たお庭のカレンデュラ(キンセンカ)とノースフォークの松の手作り入浴剤でゆっくりお風呂。


8年ぶりの京都の夜をゆっくりおやすみ。

Love, Sanae❤️

春の日本旅行日記2023年4日目箱根

日本に行って好きな事はたくさんある中で一番大好きなことは、温泉と指圧マッサージ!

それで今回も4年前に行った箱根湯本にある天山にに行く計画を立てた。

小田原で仲良しのちひろちゃんと合流。

まずは大涌谷(大涌谷は、激しい火山活動を間近で観察できる箱根屈指のビューポイント。ここは水蒸気噴火と火砕流がほぼ噴火したことで3000年前にできたと言われています 。)

地元では「地獄谷」とも呼ばれいる、硫黄泉で茹でて卵の殻に独特の色を付ける黒卵が有名。硫黄の匂いがとても強かくて、匂いに敏感な私はマスク顔で写真。

大涌谷に到着すると、富士山が見えたけど雲の後ろに隠れていたので、息を吹きかけて雲を追得るようにしてみた。

うまくいったかって?

いったよ!

4年前行った時は雨で富士山が見えなかったので、今回はラッキー。

富士山は日本の象徴。世界文化遺産。

富士山は、父の建設会社が五合目(富士スバルライン五合目)への道路を建設した思い出があり、生前の父とつながっているのもあってか親しみも感じて好きだなぁ。

富士スバルライン五合目は、標高2300メートルにあり、富士五湖を一望できる。登山が苦手な方にも人気のスポット。

父の会社が道路工事をしている間、私はそこに行って息をのむような富士山をとても近くで眺めさせてもらい、父が亡くなった後ずいぶん経ってから五合目道路の完成を見に行った時は感動で涙。

この話はエリックに何回も話したけどいつかエリックに、富士スバルライン五合目に行く道路を見てもらいたい。

 

昼食はちひろちゃんが車で芦ノ湖の新庄そば(創業50年以上)へ連れて行ってくれた。

 

普段、そばはうどんよりも重い感じであまり食べません。でも、新庄そばはつるつると食べられて、大盛りを頼めば良かったと後悔。それと自然薯おろしをそばと一緒に食べたんだけど、こんなに濃厚な自然薯は初めてで、びっくり。すっごく美味しかった。

 

美味しかったランチの後、とっても美しい山桜を見て目的地である天山へ。

 

 

天山は温泉だけでなくマッサージやカフェ、お土産屋さん(私の大好きな物がたくさんある)も充実している。

まず到着してすぐに、マッサージルームエリアに行き、温泉の後にマッサージを受ける予約をした。

マッサージにはいろいろ種類があって私は癒し指圧と足の組み合わせをエリックとちひろちゃんは全身の指圧を選んで早速温泉に直行。

 

温泉は自然からの贈りもの。

身体、心、魂、精神を温め、肌を滑らかにしてすべすべ。

天山には趣のある木造の内湯と、外の森の木々に囲まれた露天風呂がある。

前回はちひろちゃんと話しすぎて温泉に浸かりすぎてマッサージに大遅刻。今回は遅刻しないで行けたよ。

マッサージは至福の癒しで、満足度100%の笑顔。

 

 

マッサージの後はカフェ「うかれ雲」へ。

前回は気候が暖かかったので赤しその冷たいドリンク飲んで感激。サンタモニカで夏に作ってみたくらい気にいってブログにも書いた。

今回はまだちょっと肌寒かったので、心も体も温まる自家製あつあつの甘酒。

 

エリックは梅酒とチョコレートタルト。

源泉掛け流しの温泉は、そのまま飲んでもよし、ボトルに入れて持ち帰ってもよし。

一般的に温泉はマグネシウムの含有量が多く、「硬め」という印象があるけど、天山にある温泉のひとつ【No. 74温泉】マグネシウムイオンゼロ。カルシウムイオンの含有量は1000ml中1.2mgと非常に柔らかく、超軟水の性質を持っているらしい。

 

私は天山でもう一つ好きなことがあって最後に残しておく。

それは天山のお土産屋「洒落亭」。

普段使いできるユニークで珍しいコレクションが大好き。ささやかな道具たち見てるだけで幸せ。

何か小さくても家に連れて帰りたい品を見つけたら心までキラキラ。

持って帰って自分の生活に加える事を考えるだけで、人生が楽しくなる。

 

今回は塗香(ずこう)と塗香入れ桜木箱を見つけちゃった。

私はティーンエイジャーの頃からお香が好き、でも塗香は持っていないかったのでワクワク。

塗香は身を清めるために身体に塗った粉末状のお香。沈香、白檀、丁子、桂皮等生薬の貴重な香木をベースとした、清らかな香りが特徴。法事、法会を行うときや写経を始める前などに香を手、身体に塗って使う。私はこれを日本のアロマセラピーとして気持ちを引き締めたり、自分を守るための使おうと決めた。

この塗香と木箱がサンタモニカにある私の大切な宝物さんたちに加わえるのが楽しみ。

Love,

Sanae❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の日本旅行日記2023年3日目東京

 

日本にはたくさんの体験教室があって日本文化を学べる場所がある。この日は朝早くから金継ぎ(「金継ぎ」とは割れや欠け、ひびなどで破損した部分を金などの金属粉で直す修復技法のことです。古くから日本で受け継がれてきた、モノを大切にする 日本の文化)体験教室に行こうと初め思っていたがのんびりすることに気持ちを変えた。

時にはあまりたくさんの事をしないで過ごす事が一番。

それに金継ぎを習う機会はまた必ずあると思うからね。

リラックスして朝食後、リンゴちゃんとシゲルさんにバス停まで一緒に行ってもらってバスで二子玉川ライズへ。

最初の行き先はお気に入りのメガネ屋さん、JINS(二子玉川ライズの4階)。

JINSは2001年に設立された日本のメガネ屋さん。2020Tokyoという番組で5年くらい前に紹介されてた。

機能的で革新的で軽量なアイウェアを誰もが手頃な価格で提供することを使命としているとか。すべてのJINSフレームは東京でデザインされ、日本のものづくりの精神と情熱で丁寧に組み立ていられるというのを見て行ってみたいと思い、4年前に浅草のJINSに初めて行った。

確かにJINSは効率的で、礼儀正しく、迅速で、手頃な価格、エリックもとても気にいって新しくまたメガネを作りにJINSに行くのを楽しみにしてた。

今回は5 つのメガネを選んだ。
メガネを5つアメリカで作ったらえらい金額になって当面倒産。でもアメリカの約4分の1。

エリックは、2 つクールな遠近両用メガネを選び。
私は遠近両用、コンピューター用、クラフト/カリグラフィー用にそれぞれ 1 つずつ。

 

眼鏡が*出来上がるのを待っている1時ほどの間、6階の「文教堂」書店に。
*遠近両用メガネは1週間かかります。私の場合は世田谷にいる私の友人に送ってもらってその友人がサンタモニカまで送ってくれます。もし、みなさんが日本に行ってJINSで遠近両用メガネを作るなら、日本に到着してすぐに行き、1週間後に遠近両用メガネを引き取りに行く事をお勧めします。


私は日本の本屋さんが大好き。
本以外のものがいっぱいあって、楽しく思ってもいないものを見つけることができるスペース。
カリグラフィー用のペン、インク、和紙をチェックしたり、雑誌や漫画を少し立ち読みしたり一日中でも楽しめちゃう。

日本の本屋さんのような本屋は、サンタモニカのサードストリートプロムナードにあったバーンズのノーベルの本屋さん。
閉店した時は寂しかったなぁ。
車椅子に乗って生活してた時、介助犬のクラちゃんと一緒に車椅子でよく行った。いろんな雑誌や本をチェックし、分厚く重いハードカバーの写真集を見たり、カラフルな文房具を選んだり。
私がいろいろ見ている間、クラちゃんは他のお客さんや従業員の人たちとお話ししたりしてみんなを笑顔にしてあげてた。

文教堂も同じように落ち着いた雰囲気だったので本屋さんでクラちゃんと過ごした懐かしい時間を思い出させてくれた。

何か特別に買う本はなかったが スヌーピーの本、”心をととのえるスヌーピー”を買った。


この本は日本語の名言と禅語について解説。
モノクロで描かれ、余白が生きているピーナッツコミックは禅に通じるものがあり、登場するキャラクターのセリフにも禅語と重なる部分が多くみられます。また無言でもそこには禅語に通じる世界が広がっている。

本の冒頭で示された例は -結果自然成
「まずはやってみて乗り越えてどういう結果になるかを見るしかない」

最初に実行して、何が起こるかを確認。
これは私の人生のモットーの1つ、英語を小さい時にスヌーピーの本を見て習ったのでこの本とのつながりを感じ、またこのスヌーピーの本から学べるものがあるような気がした。

英語を勉強しようとスヌーピーの本とわんぱくデニスの本を持っていた。その他はセサミストリートのテレビショーを見たり、英語のレコードを聴いて歌詞を見て訳したりもしていた私。懐かしい思い出。

 

さて、本屋さんの後はお腹が空いて、エネルギーが低下気味で疲れを感じた。
丁度お昼でどこのレストランも長い列だったのでどうしたものかと思った時、1カ所だけ、行列がほとんどないレストラン、和カフェTumugiを見て、ここはあんまり美味しくないかもという思いが横切った。

時間的な事もあって、とにかくその和カフェTumugiで食べる事にした。
お味はというと、私たちの確信のない思いとは違う、とても新鮮で美味しいランチだった。

ランチのおかげで少し鋭気を取り戻して出来上がった私のメガネ3つもらって、東急田園調布都市線の電車とJR線で池袋まで。


池袋の駅はわかりにくくってちょっと疲れたせいかジュンちゃんと家族に会えてホッとした。ジュンちゃんが学生の頃、英語の勉強にサンタモニカの私たちの家でホームステイをしていた。
ジュンちゃんが日本に帰国してからも長いお付き合いで、現在は結婚して2人の子供もいるんのである度にふたりが大きくなっていていつもビックリ。

3日目の最終目的地と目的は板橋でシェフとしてロサンゼルスにいた旧友のマサキちゃんに会う事。マサキちゃんが働いていたレストランに毎週金曜日に他の友達と一緒に行った楽しい思い出いっぱい。
最後に彼に会ったのはほぼ20年前、新宿だった。
ひょっとしてあの頃の私は車椅子だったかも。
その後、彼はスペインとニュージーランドに移ってた。
彼は最近日本に戻って、東京の板橋に彼の新しいレストラン、スペース カフェをオープンしたので、私たちは彼の新しいレストランに行くって誓った。

ジュンちゃんはとても気がつくので、マサキちゃんのレストランの近く前に、かつてその辺に住んでいた彼女の夫、壽君と一緒にどこか行ける場所を選んでくれて、「東京大仏」へ。

東京に大仏があることを知らなかったのでビックリ!
「東京大仏」は阿弥陀如来。

調べて見たら、東京・板橋赤塚にある東京大仏浄蓮寺は、600年の歴史があります。このお寺は徳川将軍の鷹狩りの休息所。土台からの高さは13メートル、頭だけで3メートル。
重さは32トン。

完成当時は東大寺の奈良大仏、高徳院の鎌倉大仏に次ぐ日本第3位の大仏。

目を見張るような奈良東大寺大仏と鎌倉大仏とは違い、東京大仏は、東京の最も忙しい都市で波動をリラックスさせる優しい魂を持っているかのようにやさしい眼差しだった。

阿弥陀如来は、苦しみのない世界で人々を救うために「楽園」を創造した仏です。
手を合わせて「南無阿弥陀仏」と言うことをすすめている。

 

たくさんの写真を撮って、ジュンちゃんの息子のイッケイ君が、踊ってくれて楽しい時を過ごした。彼はアメリカに留学したいそうなので、母親の純ちゃんのように我が家にホームステイする事になるかも。それは過去と未来を共有する二重の思い出。実現するといいね。

 

東京大仏の次に、私が植物園(自然に触れたい)に行きたいリクエストしていたので、大仏から歩いて行ける自然に恵まれた散歩コースの赤塚植物園を選んでくれたみたい、感謝。

武蔵野の面影を今に残す赤塚の丘陵地を利用し、自然や植物をより身近に感じてた赤塚植物園は、1981年(昭和56年)10月に開園。

途中、雨が降り始めたので、散歩を短くしなければなりませんでしたが、この植物園散歩の自然の中で過ごした短時間は天からの贈り物だったみたい。私はエネルギーを取り戻し、最終目的地に心良く向えた。

 

途中、雨が上がって車でマサキちゃんのお店を通りかかった時、マサキちゃんが外に出て空を見上げていたのを見た。彼には聞こえないと思ったけど、と大声でエリックと「マサキ!」と叫んでた。
エリックはすぐさま車を降りて行った。

Masaki said later to us, “It might be a rainbow after the rain, so I was outside, but instead of the rainbow, Eric came!” with his big smile!!!

 

マサキちゃんは「雨上がやんだから虹が見えるかもって外に行ったら、虹の代わりにエリックが来た!」と言いながらビッグスマイル!!!

20年ぶりの再会実現!

マサキちゃんのお店は開店して一週間ほどだったので、一人で接客、オーダー取り、調理、片付けをしてた。頑張ってる彼に感銘しちゃった。

マサキちゃんのレストランではクニさんと彼の妻、クミちゃんに会う約束もしてた。
クニさんはエリックと一緒に20年以上も前にタヒチで仕事をしていて、クミちゃんは犬が大好きで、共通のつながりがあった。

マサキちゃんの洗練された美味しいお料理を食べながらみんなで楽しい時間を過ごした!

おいしい物を食べながら昔の友達に会えるのは最高だね!(お料理に写真撮るの忘れちゃった〜。)

 

マサキちゃんのレストランを出た後、ジュンちゃんの娘のマコちゃんが「ジェラート食べに行く?」と言ったので、
宿泊地の世田谷へ行く途中の祖師谷大蔵駅近くのア・ラ・カンパーニュに立ち寄ってみた。

私はジェラートは食べなかったけど、デザートとしてかわいいバッグを買ってもらったんだよ。

周りにはかわいいお店がたくさんあって。
ジェラートの後、通りかかったときに閉店していたけど、私の目についいたのは「グリーンマインド」というお花屋さん。
次回行くことがあれば必ず行ってみたいお店で楽しみがふえたね。

よく計画して決行できた事、予想外に起こった事をした事、そして将来の計画。

2023年春の日本旅行の3日目を締めくくる素晴らしい一日だった。

Love, Sanae ❤️

春の日本旅行日記2023年2日目千葉から東京

日本の春の旅1日目の夜はカエルの合唱で眠って、2日目の朝は雨音で目が覚めた。
春の雨はやみそうもなかった。

予定は鵜原理想郷 にデコちゃんと星野先達山伏さんとその生徒さん達とハイキングに行く事になっていたんだけど雨で中止。
かわりにデコちゃんがシンギングボウルヒーリングに招待してくれた。

デコちゃんとお喋りしててエリックにシンギングボウルヒーリングに行くって言わないで行っちゃったんだよ。
全部日本語だったし多分エリックはシンギングボウルヒーリング初めてだから大丈夫だったか気になってあまりリッラクスしてなかった私(笑)。

終わってから参加者全員が一人づつ感想をシェアーになってエリックは「シンギングボールの音はスムーズに体に入って心を落ち着かた。」と答えて私はびっくり。

エリックが 10 日間のヴィパッサナー瞑想に参加したときのことを思い出しました。彼は最初はヴィパッサナー瞑想コースに行きたがらなかったけど、ちゃんと終了して家に帰って来た。10日間、毎日何時間も座っているのは大変だったと言いましたが、それは彼にとって有意義な経験だったと友達に話してた。
エリックはスポーツが大好きで肉体で物事を考えているように外見は見えます。でもただの肉体人間ではないと今だに時々私を驚かせてくれる夫友達。

シンギングボウルヒーリング終わった後、星野先達山伏さんヒーリングを少し見学できた。雨さん、ありがとう。

何があるかわからないのが旅の楽しみのひとつだね。

その後は、週末だけ薪窯で焼いているパン屋さん” Acoustic,” に連れて行ってもらった。可愛いお店で美味しそうなパンとカルダモンロールとかが並んでた。

すぐ食べたい気持ちをこらえて後で電車に乗って東京に行く時のおやつ用に買った。
みんなで記念写真。

 

ブラウンズ フィールド のライス テラス カフェで、新作の玄米パスタなどを購入。パスタ大好きな私たちはサンタモニカに帰ってから食べてみるのが楽しみ!

本当はハイキングで食べる事になっていたお弁当をデコちゃんと最後の楽しいおしゃべりしながら食べた。短い滞在だったけど、Brown’s Field にまた来れてデコちゃんの頑張っているのを見て、希望と力をもらい、またそこに戻ってくると誓った。


JR外房線わかしおに乗って食べた”Acoustic”のカルダモンロールは噛めば噛むほど美味しかった。

 

東京駅での乗り換え。
東京駅は1日当たりの列車発着本数は約3,000本、400,000人が入れ替わるという日本を代表するターミナル駅の東京駅で中央線に乗り換えする時には息もできないくらいの目の回る人混み。東京には叔母がいて中学校くらいから実家の名古屋から遊びに行っていたがいつもここには住めないって思った。その気持ちはこの東京駅を見てもっと現実化した。

Arriving in Shinjuku, in the rain, we went to the green Italian restaurant 新宿に着いて雨の中、待ち合わせのグリーン イタリアンレストラン「 トルチャ」”Torcia” へ。

トルチャは以前、チャヤマクロビオティクスで3回ほど行った事があったレストラン。1年半前くらいにヴィーガンメニューを気軽に楽しむことのできるヴィーガンフレンドリーなイタリアンレストランとして新しいトルチャが開店。雰囲気はあまり変わってないように見えたが全てイタリアンになってヴィーガンだけではなくメニューは豊富だった。Trucha is a restaurant 

私たちは全員で7人だったのでヴィーガンメニューをほとんど全部オーダーして、みんなでお味見、お料理はクリエイティブできれいで美味しかった。
12コースのテイスティングメニューをしたって感じ!

私が気に入ったのはプラントベース雲丹と生湯葉の濃厚豆乳カルボナーラと苺の生絞りVegan錦糸モンブラン!

 

 

 

マクロビオティックの「和の会」でご活躍されている講師の先生と活動者のみなさん:永井 邑なかさん、櫻井 裕子さん、千葉 芽弓さん、七林 秀郷君 有沢奈々さんに会う事になって、初めて会う方々もいらしたので行く前私は少し緊張気味だったにもかかわらず、みなさんがとても暖かい方ばかりで打ちとけられて感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございます!



今回はみなさんとお会いする事ができて本当に有意義な時間を過ごせました。

みなさんとこれからつながって日本でワークショップやトークができたらいいなと願います。

楽しくお話をして別れが惜しいくらいの気持ちでみなさんとお別れしてエリックと私は東京の宿泊地世田谷へ。新宿駅から今度は小田急線に乗った。

世田谷にはペッペーダイン大学時代からの友人がいてそこの愛犬リンゴちゃん(ビーグル犬)に歓迎をしてもらってお土産の犬用クッキー、シャンプーなどを渡した。

 

たくさん歩いて腫れていた足をお風呂でマッサージして日本のマクロビオティックの話を聞いた興奮から気持ちは醒めないまま二日目の夜の眠りに入った。
❤️Sanae

春の日本旅行日記2023年1日目千葉


日本で姪の結婚式に出席。日本での10日間旅行。
2023年春の日本日記。
第1日目:
東京の羽田空港に午前4時30分に到着。
飛行はスムーズで予約しておいたビーガン食は結構良かったので出発前に作って持って行った玄米おにぎりと一緒に食べた。

飛行機内ではあまり眠れない私は映画を2つ見て、新しいセーターを編み始めた。


ロスを午前1時ごろ出発して11時間半後、羽田空港に到着してまだ外は暗かったので私の頭の中は混乱しているようだったが、4年振の日本でワクワクした気持ちがその混乱を吹き飛ばしてくれた。本当なら2年前に姪の結婚式が予定されていたがパンデミックがあって2年延期になってこの2年間待っていた気持ちがワクワクを大きくしたようだった。

2001年に臨死体験をするほどの酷い交通事故で両足を重症して以来、空港での移動は車椅子を使って足をケアー。
今回、羽田空港で木製の車いすを使う事になってびっくり大喜び。

日本航空(JAL)が空港施設内の移動をスムーズ(そのまま保安検査場を通過可能)にする木製の車椅子を開発したとNHK World News 番組 で見たことがありますが実際に見るのは初めて。木製の車いすは柔らかい感触で体に馴染むようでとっても気に入った。 また車椅子の介助者の方も丁寧で、優しくゆっくりと押してくれ、本当に日本にいるんだなと感動。

 

FBのトークページ「Body Joy」をまさよちゃんとオーガナイズしている、逸子さんにそのトークに招待していただいた時にオンラインで出会った。今回私のクラスに参加という事で、とってもご親切に空港まで迎えに来て下さった。これは天からの贈り物だなと感謝してBrown’s Fieldに一緒に出発。

逸子さんとは実際初対面でしたが、ずっと前から知っていたような気がして、会った途端にたくさんたくさん車の中でフラワー レメディ、アニマルコミュニケーションの事など話していると、急にエリックが海底を走っているのかって聞いてきた。

そう私たちは東京湾アクアラインを通過してたのだ。
海底と海の間を走る珍しい道~東京湾アクアライン~
全長約15.1kmの有料道路です。川崎側に約10kmの海底トンネル「アクアトンネル」、木更津側に約4.4kmの橋「アクアブリッジ」。
エリックは初めて水面下/湾岸道路の下に行くことにとっても興奮。
東京湾アクアラインを過ぎてだんだん田舎道に入って行ってドライブは早く感じた。

Brown’s Fieldに到着すると、有機田んぼを20年営んでいる友人中島デコさんがお出迎え。

朝食を済ませ、マチネ (デコちゃんの娘) の初めての赤ちゃんを訪ねた。赤ちゃんのスイちゃんはとても可愛かった。


朝食を済ませ、マチネ (デコちゃんの娘) の初めての赤ちゃんを訪ねた。赤ちゃんのスイちゃんはとても可愛かった。
私は犬の赤ちゃんを産ませるお手伝いは45匹くらいしたので産まれたばかりの子犬を抱くのは慣れてるけど、卵巣癌で赤ちゃん産めなかったので人間の赤ちゃんあまり抱いた事なくってちょっと怖かった。でもこんな大切な時を持てて嬉しかった。

デコちゃんの美味しい自家製「桜あずき蒸しパン」最高だった。
桜の花の塩漬けきれいだった。

 

その後、エリックが地元のフォイルサーファー、ジュンさん(TEDというサーフショップを経営)と彼の友達と一緒にフォイルサーフィンを計画していた九十九里浜ビーチに。

日本のビーチはここサンタモニカのように白い砂浜が長いものがほとんどないけど、九十九里浜は66kmもある白い砂のビーチ。海が大好きな私は子供の頃にこのビーチの事を聞いたことがあり、いつか行ってみたかった。私がそこにいるのは夢のようだった。

風がすごく強くってフォイルサーフィンには最高日和。エリックは素早く着替えてすぐ海に。

 


逸子さんと愛犬の茶々丸と一緒に風が吹く浜辺を満喫しました。
茶々丸は初めての海遊びで、とても楽しそうだった。


エリックは海に残り、私はBrown’s Filedに戻り、逸子さんと一緒に、Rice Terrace Cafe で昼食。
春のフラワー レメディと薬草茶 with マクロビオティックのクラスを教える準備。

 

その間、エリックは他のローカル フォイル サーファーと、3.5 時間以上フォイルサーフィン。私のクラスをヘルプしてくれるはずが、きっと楽し過ぎたのでしょう!
日本に到着したばかりで、私がサンタモニカで作った玄米おにぎり一つだけのランチだけでこんなスタミナいっぱいのエリックに感服。

Brown’s Filedに戻って来たエリックはローカルのサファーと会ってジュンさんの家族にも会ったと大喜び。

 

それと私があげたおにぎりがなかったらきっと腹ペコでどうしたかわからなかったとおにぎりのお礼をしてくれた。もちろんお腹まだ空いてたから私のお昼を残しておいてあげたのをむしゃ食いしてた。

 

私のクラスはエリックいなかったけど、生徒さんがヘルプしてくれてとてもうまくいきました。
日本でクラスを長い間教えていなかったのでどのように教えようか考えて、サンタモニカから使う薬草の押し葉と3種類のブレンド薬草茶を持って行って良かった。

参加者のみなさんは、熱心に学び、質問は礼儀正しく丁寧でとても楽しかった。
このクラスがうまくいったのは、昨年オンラインのフラワー レメディ クラスを受講した鈴木恵子さんのおかげでもありました。
彼女はフットマッサージセラピストで、クラスの後にフットマッサージをプレゼントしてくれました。彼女の心の強さは、彼女が私の足をどのようにマッサージしたかでよ~くわかりました。ありがとう恵子さん!I enjoyed it a lot. 

 

 

夕食はBrown’s Filedのスタッフとボランティアのみんながデコちゃんとおいしく作ってくれました。私たちの一番のお気に入りは、近くの竹林で採って来た竹の子で作ってくれた葛ソースの竹の子ボール。エリックは作り方を聞いてたからいつかサンタモニカでも食べられるかも。
長年の友達であるデコちゃん、新しくお友達になった逸子さんと、そしてブラウンズフィールドの方々と一緒に過ごし心が温まった。
再び私の故郷である日本にこうして健康で行けた事に感謝。

 

夜、寝心地が良いお布団に横になっているとカエルの合唱が昼間より響いて、午前3時頃に外に出て座ってた。


見つめる空は曇天で残念ながら星は何も見えず田んぼも目を閉じているかのように真っ暗。



ただカエルの声だけが私の心を休めてくれた。
日本の春2023年の一日目だった。

❤️Sanae

初日の出の誓い

サンタモニカ(南カリフォルニア)はアルバート·ハモンド1972年のヒット·ソング”カリフォルニアの青い空”(英語のタイトルの訳は’南カリフォルニアには雨が降らない’であるが。。。)「Albert Hammond – It Never Rains In Southern California 」という題名の歌があるくらいあまり雨が降らない事で知られているけどその歌詞をよく聴くと’降る時はどしゃ降りだ’と歌っていた。

うちのお庭の雨に濡れた多肉植物花

その歌の通り、ここサンタモニカは冬にたくさ雨が降る年がある。

今冬はその冬らしく12月になってよく雨が降って大晦日も1日中降ってた。

初日の出を見にいくようになって30年。こんな風にずっと雨が降っていた大晦日は初めて、恒例の初日の出を見に行く事もできないかもと気にかけていたが雨は早朝にやみ、5時に起きて外に行くと大好きなペトリコールの香が漂っていた。

真っ暗な空が徐々にインディゴブルーに染まっていく中、山道を歩いてゆっくり吐く息が白い煙のように外空気と一体化して消えた。

赤橙色の光が地平線をあっという間に染めていった。

この光に見入って息をしていないことに気づき、光とともに「生きている」瞬間にフォーカス。こんな風に自分が生きているのを感じるのが好き。意識は努力なしに存在し、ゆっくり自然な呼吸が私の心に入った。

ふっと気がつくといくつかの雲が空にいた。

私の気がかりな気持ちを打ち消すかのように山にかかった太雲上を光橙色に照らし小波線上で光の金糸を見せた太陽。

それから手光と足光を見せ始め、雨降りが続いてずっと顔を見せてくれてなかった太陽は顔を見せるのにを恥ずかしがっているように例年より時間がかかっていたかのように思えた。

やっと昇ってきた太陽は確実にゆっくり優しく雄大に今まで見たことのないような喜びの光と一緒だった。

声も出せないでいつも撮るビデオも忘れて見惚れてた私。

そこにはただ感謝だけ。

ありがとう、ありがとう、ありがとうと念仏するように繰り返し呟いた。

太陽は全身が昇りきった後、久しぶりに私たちに会えた喜びに震えていたように見えた。

光は強く強くなってグングン昇って行った。

空一面が光とつながった。


 

帰宅してお正月のお雑煮を食べながら初日の出の写真を見てあらためて感動。

こうして元気で初日の出が見られる有り難さ。

元旦だけでも早朝に起きて山に登って正式に太陽に”ありがとう!”と心から伝えられる。

新年の日の出を見るのは、私個人的には太陽が魂とつながっている気がする。

午後からまた小雨が降り出して太陽はお別れするのを躊躇っていたけど、必ずまた会えるのを約束してくれた。

そうまた会える!

その時まで曇りと雨とも仲良くなる練習をするって誓った。

(天気予報は少なくとも2日間雨がずっと降るって、、、)

Love,
Sanae❤️